• エントリー一覧

私のキャッシング失敗談

キャッシングで自己破産を経験しました。お金を借りているはずなのに、自分の口座から引き出しているように感じてしまい、あっという間に返せない金額になってしまいました。本当に困ったときに上手に使えばこんなにもありがたいものはないのですが、自分のお金だと勘違いし始めると、借りることが止められなくなります。返済期日に間に合わなかったせいで親兄弟や恋人に大変な迷惑をかけました。二度とお金には飲まれるまいと堅く誓った今は、自分の収入の範囲内で生活するという当たり前のことをようやくできるようになりました。本当に必要なときに必要最小限の融資を受ける、この事を忘れないようにします。

私の苦い体験談。

私は10年以上前の話ですが、詐欺にあいキャッシングをさせられました。

手続きは非常に簡単なものでした。

嘘の会社名と電話番号で、私を騙した方がその電話に出て私がその偽の会社で働いているという確認も簡単に取れました。

二軒の会社でキャッシングを組みましたが、どちらもそのような簡単な手続きでした。

気軽に借りれるという便利なシステムですが、それを犯罪に使われる事があるようです。

その後お金は帰ってきませんでしたが、何年かかけて約150万返済しました。

世の中は20歳を越えれば大人だとみなされますが、私は世間知らずで簡単に騙されて多額のお金を借りてしまいました。

簡単に借りれるシステムだからこそ、年齢制限の引き上げや、厳しい審査は必要だと思います。

キャッシングを利用しない理由は自分に対する「不安」から

キャッシングやカードローンは未だ経験がありません。テレビCM等でよく見かけるようになり、非常に簡単に手続きができ、審査もシンプルなものなんだなという感じでは理解していますが、簡単に利用できる反面、やはり不安に思うこともあります。一度利用してしまったら、今後ずっと使い続けてしまうのではないか。自分の金銭感覚が狂ってしまうのではないか。どっぷりハマって借金地獄。そんなことをリアルに想像してしまいます。キャッシングの利用経験がない人たちのほとんどが、そういった漠然とした不安からなのではないかと思います。

海外旅行の際にキャッシングを利用

私は海外に旅行に行く時にキャッシングを利用します。

キャッシングというとあまりいい印象を持たない方もいるかもしれませんが…。

現地で手持ちのお金がなくなりそうな時に現地のお金で引き出せるのが利点です。

それで日本に帰ったら日本円で返す仕組み。

海外に現金をたくさん持っていくのも物騒で怖いし。

初めは予想より少し少なめに持ってって、現地での買い物や食事代など様子がわかってきたら、あといくら現金が必要か計算して引き出します。

なので、出発前にどこにキャッシングできる機械があるかネットでいつも調べて行きます。

だいたい空港や有名な観光地にはあるので安心です。